西郷どん、島津斉彬が自分の藩主就任の最

西郷どん、島津斉彬が自分の藩主就任の最大の障害になっている家老調所広郷の追い落としを図る。老中阿部正弘と組んで、調所の琉球での密貿易をリークするという究極の寝技である。幕府による藩への介入を招きかねない禁じ手だった。斉彬も相当追い詰められていたと思われる。