凡是鑑定団

昨晩は、久しぶりに『なんでも鑑定団』を観ました。

何でも新年初だとか。

最初のゲストはアントニオ猪木

燃える闘魂も歳を取りました。

お宝は、力道山のガウン。

力道山が殺された夜の話をされていました。

また力道山が相撲部屋で受けた壮絶な暴行についても。

日馬富士なんかのレベルでは無かったようです。

国技なんて言っても、昔からそんな世界だったようです。

さてガウンの話。

自己評価100万円のガウン、鑑定は300万円でした。

もし力道山が実際に使用していたら500万円になると。

そういうものなのですね。

その後も鑑定は、軒並み自己評価より高額なもの。

途中で観るのをやめてしまいました。

最後まで観ていた妻の話では自己評価より低いものも。

まあ、そうなんでしょうね。

でも、当初より評価が低いものは減ったのかも。

そんな印象を持ちました。

広告を非表示にする